おでこに丸みをつける

注射器

ヒアルロン酸注射でおでこの形を整えよう

ヒアルロン酸注射はメスで切開することなく、見た目の印象を変えられる手軽さかた仙台の美容外科クリニックでも人気の美容整形です。ヒアルロン酸注射などのプチ整形や、美容医療などリスクの少ない施術法が行われるようになったこともあり、以前と比べると美容整形へのハードルは各段に低くなりました。ヒアルロン酸注射もまるでエステ感覚で施術を受ける患者さんもいるほどですが、やはり大切な自分の身体に施術を行う以上、クリニック選びは慎重に行わなければいけません。ヒアルロン酸注射はほとんど副作用のリスクは無いと言われているものの、クリニック内の衛生環境が悪いと感染症を引き起こすといった副作用が考えられます。針や患部の消毒が不十分というケースや、院内が不衛生だった場合には注射をした箇所から細菌が入り込むなどして、腫れやかゆみといった感染症を引き起こすリスクが高まります。ただし、仙台市内の美容外科クリニックの大半は、消毒や清掃などが行き届いている所が多く感染症のリスクは、ほぼありません。

おでこは顔の印象を決めるとも言われているパーツで近年、美容整形で形を整えたいと希望する患者さんが増えています。おでこに丸みが無い・断崖絶壁のように、ぺったんこで顔がのっぺりと立体感が無いというコンプレックスも、美容整形を受けることで解消可能です。おでこの形を整える美容整形にはいくつか施術法がありますが、仙台の美容外科クリニックではプチ整形の「ヒアルロン酸注射」が多く選ばれています。ヒアルロン酸注射は文字通り、ヒアルロン酸製剤を注射器で注入して形を整えるという施術法で、おでこに丸みを作り立体感のある顔立ちを作り出します。おでこの断崖絶壁を治したいという場合は約3〜5cc、おでこ全体に女性らしい丸みを作りたいという場合は5〜8cc程度のヒアルロン酸を注入することが必要です。使用するヒアルロン酸製剤は種類が多いのですが、ヒアルロン酸注射を得意としている仙台の美容外科クリニックであれば、おでこに適したものを選んでくれるので安心です。おでこに丸みをつけたいという場合は、硬めのもので濃度があり横に広がらないヒアルロン酸がが適していると言われています。